信用情報機関とキャッシング

女性

ローンの申し込みをして審査に通ると契約をして借り入れができますが、契約の前に、必ず自分の信用情報が信用情報機関に登録されてもよい旨同意する必要があります。信用情報機関に登録されるのは住所や氏名、勤務先、電話番号などのほかに、借入残高や、キャッシングの申し込みの記録などです。

 

信用情報機関にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)などがあります。JICCは信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など幅広い業種が加盟しています。CICは主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。全国銀行個人信用情報センターには、銀行が加盟しています。

 

それぞれの金融機関は、いずれかの信用情報機関の会員になっていて、借り入れの申し込みがあると自分が会員になっている信用情報機関に問い合わせをして、借り入れ申込者の信用情報を開示してもらいます。もし、その人の信用情報に延滞の記録や債務整理の記録が残っていれば、金融機関は融資をしません。

 

ですから、借り入れをしたら遅延せずに約定日に確実に返済する必要があります。3カ月以上の延滞は信用情報機関に残りますので注意してください。審査に通ってお金を借りられたからといって安心しないで、返済もきちんと行っていくようにしましょう。


このページの先頭へ戻る